空き家・留守宅の管理代行サービス
 
 
 
空き家・留守宅の管理代行サービス
 
 
空き家ガーディアンズ
北九州店
 
空き家ガーディアンズ
あなたの故郷には「財産」と「思い出」をお預かりするプロがいます  
         
 
北九州店トップページ
 
■ご質問&ご相談
お気軽にお問い合せ下さい
サービスについてのご質問や
ご面談のうえでの説明希望等が
ございましたら、
お気軽にご連絡下さい。
 
電話で相談
   
メールフォームで相談 メールフォーム
を利用する
   
 「ひとりでできる実家の相続登記」本プレゼントキャンペーン
   
  放置空き家が増加している要因の一つに相続登記の未了があります。
   
  相続登記には法的な義務がない為に、
  所有者が死亡した後も相続登記を行なっていないケースが多数存在します。
  空き家について売却や賃貸等の活用を考えていなければ、
  相続登記を行なっていなくてもすぐに困ることはありません。
  しかし、その後長期にわたって相続登記を放置してしまうと、
  法定相続人の数は孫世代も合わせて数十人になることもあります。
  相続登記の申請には法定相続人全員の同意が必要ですので、
  その段階まで至ってしまうと
  相続登記をする必要ができても、相続登記を行なうことができない
  という事態が発生する可能性が高くなります。
  相続登記ができずに売却等が困難となってしまった空き家は、
  しだいに所有しているという意識が薄くなり、
  やがては管理がおろそかになって、最終的には放置空き家となってしまいます。
   
  相続登記を行なうことによる大きなデメリットはありません。
  相続登記をしなかったら、
  固定資産税の納付を免れることができるわけではありませんし、
  空き家の管理責任から逃れることができるわけでもありません。
  つまり相続登記は速やかに行なうに越したことがないわけです。
 
  そうは言っても、
  相続登記を司法書士に依頼すると10万円前後の費用が発生します。
  逆に、司法書士に頼まずに自分で相続登記を行おうとすると
  かなりの手間がかかります。
  お金か?手間か?
  それを悩んでいるうちに先延ばしにしてしまってはいませんか?
  空き家ガーディアンズでは、
  まずはご自分で相続登記を行なうことを検討してみることをお勧めしています。
  ご自分で相続登記を行なうことができれば費用は半分程度で収まるはずです。
   
  現在、新規のお申込者様を対象に、
  ご自分で相続登記を行なおうとする場合の最初のステップとして大変参考になる、
  単行本「ひとりでできる実家の相続登記」をプレゼントしています。
  まずは相続登記について知識を広げるところからスタートしましょう。
  結果、ご自身での相続登記が困難であると思われる方には、
  空き家ガーディアンズ提携の司法書士をご紹介させて頂くことも可能です。
   
 
  amazonで本の内容を確認する
   
  また、ご契約から1年以内に相続登記を完了されたお客様につきましては、
  基本サービス料金1ヶ月分を無料とさせて頂きます。
  空き家ガーディアンズに管理を委託したこの機会に、
  ぜひ相続登記も併せてご検討頂ければ幸いです。
   
 キャンペーン概要
受付期間
平成29年10月1日から11月30日まで
対象者
新規にお申込み頂いたお客様が管理対象となる空き家の法定相続人で
ご契約時点で相続登記が未了である方全員
内容
ご契約後に日本能率協会マネジメントセンター 出版の
  「ひとりでできる実家の相続登記」を1冊プレゼントさせて頂きます
   
ご契約以降1年以内に相続登記が完了した方は
  基本サービス1ヶ月分の料金を無料とさせて頂きます
 
1年間の料金   38,880円     35,640円
  ●司法書士に相続登記を依頼した場合も割引の対象となります
  ●業務開始から12ヶ月目が無料となります
  ●遠方負担金・オプションサービスは割引対象外です
  ●契約締結後1年未満の解約の場合は無効となります
 
■仮申込み
ご契約をご希望のお客様は
アンケートフォームをご利用下さい。
 
■資料請求
郵送での資料の送付を
ご希望のお客様は
アンケートフォームをご利用下さい。
Copyright (C) AKIYA Guardians Group. All Rights Reserved.