空き家・留守宅の管理代行サービス
 
身内が行なう
空き家・留守宅の維持管理
20のポイント
 
空き家ガーディアンズ
 
空き家ガーディアンズ
空き家管理のプロが教える適正管理  
         
前のページ「植木・植栽・生垣」に戻る   /   次のページ「水道と電気」に進む
         
       
06
 まず最初にやっておきたいこと
雨戸や窓の戸締り
 
不在時には雨戸は全て閉めておきましょう。
 
「開けていたほうが空き家だと判らないんじゃないの?」という意見をたまに聞きますが、
 
確かにそうかもしれませんが、
 
台風や暴風時にその都度空き家に足を運ぶことは大変ですし、
 
都合で行くことができないこともあると思います。
 
発生する確率から考えても、ここは家を自然災害から守ることを優先したいと思います。
 
 
ごく稀に問題となるのが雨戸の施錠です。
 
空き家には古い築年数のものが多く、
 
雨戸のカギが壊れていたり錆びていたりして、カギが掛からないものを時々見かけます。
 
これが実はかなり危険で、空き巣はここから侵入してくる可能性が高いです。
 
侵入者は雨戸を開けて、サッシのガラスを割って室内に入った後に、
 
今度は雨戸を閉めます。
 
そうすることによって外部から侵入の形跡を隠すことができるのです。
 
できれば雨戸のカギを取り換えたいところですが、
 
古い商品ですから部品が手に入らない場合もあります。
 
せめてサッシに市販の補助錠を取り付ける等の防犯対策を行ないましょう。
 
クリックすると補助錠の大きな画像が表示されます。
 
 
その他に注意すべき窓は、道路から見て裏側に位置する窓です。
 
特に屋根づたいに移動できて手が届く位置にある窓は危険ですから、
 
こちらもなんらかの対策が必要です。
 
クリックすると危険な窓の大きな画像が表示されます。
 
 
また、換気の為に2階の窓等を少しだけ開けた状態にしている人を見かけます。
 
果たしてこれが換気として十分なのか定かではありませんし、
 
降雨時には湿気を室内に呼び込む結果となってしまいます。
 
台風・暴風時や防犯面から考えても良いことではありませんから、
 
サッシの窓は全て閉めて、きちんと施錠しましょう。
 
 
そして、なによりも重要なことは「空き家に貴重品や高価な物を置いたままにしない」こと。
 
侵入者を100%排除することは不可能だという認識が必要です。


トップページに移動

キーワードタグ
赤水 空き家管理代行業者 雨戸 生垣 
異臭 一般廃棄物収集運搬業者 植木 
植木屋 雨天 屋外 屋内
解体工事 火災保険 家財 家財処分 
カーテン カビ ガラス戸 草刈り ご近所
サビ 失火見舞費用補償金 湿気 
室内換気 蛇口 住宅街 浄化槽 
消毒用エタノール 植栽 除湿剤 
シロアリ 侵入者 水道 水道バルブ 
スズメバチ 剪定 掃除機 
損害賠償
台風  チラシ 賃貸活用 通水 
転送届 電気 凍結防止ヒーター 
ドアクローザー ドアストッパー 道路
庭木
売却 賠償責任保障特約 排水トラップ 
伐採 バルコニー 不法投棄 ブレーカー 
プロパンガス 防犯対策 暴風雨 補助錠 
ホームセキュリティ
 メール便 目的 門扉 
屋根瓦 U字溝 郵便受け
類焼損害補償特約 冷蔵庫 陸屋根
 

空き家関連の法律についての解説
     
  空き家の定義  
  空き家って使っていない家  
  のことじゃないの?  
     
     
  特定空家の定義  
  問題になるのはどんな空き家?  
     
     
  空き家の管理責任  
  空き家の管理責任は所有者だけに  
  あるんじゃないの?  
     

空き家・留守宅の管理代行サービス「空き家ガーディアンズ」の紹介ページに移動
       
前のページ「植木・植栽・生垣」に戻る   /   次のページ「水道と電気」に進む
         
 
Copyright (C) AKIYA Guardians Group. All Rights Reserved.