空き家・留守宅の管理代行サービス
 
空き家関連の法律
についての解説
 
空き家ガーディアンズ
 
空き家ガーディアンズ
空き家の適正管理が求められる理由  
 
01
空き家の定義
空家対策特措法第2条
 
空き家は所有者が適切に管理しなければなりません。
 
よく目にする言葉ですが、そもそも空き家って何を指しているのでしょうか?
 
 
平成27年5月26日に全面施行された空き家の管理について定められた法律、
 
空家等対策の推進に関する特別措置法(以下「空家対策特措法」)では、
 
以下のように定義されています。
 
 空家対策特措法 第2条 (定義)
 この法律において「空家等」とは、
 建築物又はこれに附属する工作物であって
 居住その他の使用がなされていないことが常態であるもの
 及びその敷地(立木その他の土地に定着する物を含む。)をいう。
 (以下、省略)
 
私たちは空き家というと、誰も住んでいない一戸建住宅をイメージしますが、
 
空家対策特措法では住宅だけではなく、
 
店舗、事務所、工場等を含む全ての建築物がその対象となっているのです。
 


空き家関連の法律についての解説
     
  空き家の定義  
  空き家って使っていない家  
  のことじゃないの?  
     
     
  特定空家の定義  
  問題になるのはどんな空き家?  
     
     
  空き家の管理責任  
  空き家の管理責任は所有者だけに  
  あるんじゃないの?  
     

トップページに移動

空き家・留守宅の管理代行サービス「空き家ガーディアンズ」の紹介ページに移動
 
 もっと詳しく知るために次のページに進む 
 
Copyright (C) AKIYA Guardians Group. All Rights Reserved.