空き家・留守宅の管理代行サービス
 
  空き家ガーディアンズが敷地内除草サービスを毎月行なう理由
 
 
     
  「敷地内除草サービスは毎月ではなく数ヶ月に一回という契約にできませんか?」
  このようなご要望は、おそらく植木屋さんやシルバー人材センターに依頼するようなイメージで仰っていらっしゃるのではないかと思います。
  雑草が伸びて見苦しくなったら草刈りを行なう。
  確かにそちらの方が理にかなっているような気もしますが、空き家ガーディアンズでは敢えてそれを行ないません。
   
   
  理由1. 空き家への巡回は1人で行なうから。
   
    所有者からしてみれば、空き家にかかる費用はできるだけ安い方が良いはず。
    空き家は単に所有しているだけでも税金・光熱費・保険代等の経費が発生します。
    それに加えて空き家管理の費用まで発生するとなると所有者の負担はとても大きなものになってしまいます。
    ですので空き家管理の費用は可能な限り低額でなければなりません。
    空き家管理業者のコストの大半は人件費ですので、
    サービス料金を可能な限り低額にする為には巡回人員は1人ということにおのずとなってきます。
    しかし、草刈り作業は一般的に3〜5人で行なうもので、1人でその人数分の作業を行なうことは現実的には不可能です。
    また、空き家1棟あたりの管理料金を低額にする為には管理棟数を増やして一日に複数の空き家を巡回する必要があり、
    1棟に丸一日を費やしていては採算に合わせることが難しくなってきます。
    草刈りのニーズは非常に高いものの空き家管理の業務に組み込むことは難しい。
    そのハードルを6年前にクリアしたのが空き家ガーディアンズの敷地内除草サービスです。
   
     
  理由2. 「別途見積」の表示がホームページに一切ないシステム。
   
    空き家の管理を業者に依頼される方の多くが空き家から遠く離れた場所に住んでいます。
    そのような方が業者を探して選ぶとなると、その手段はインターネットに限定されます。
    ですので空き家ガーディアンズのホームページはどこよりも詳しくサービス内容を解説しています。
    そして次に重要なことは料金体系が明瞭であることです。
    ホームページを見ただけで毎月いくらの費用がかかるのか理解できなければなりません。
    しかし、敷地の広さや雑草の生え具合は空き家によってまちまちで定価を設定することは困難です。
    そこで空き家ガーディアンズではお庭の手入れを時間制にすることによって、
    全国で初めてお庭のお手入れに関する料金をホームページに表示できるようになりました。
   
     
  理由3. 毎月作業を行なうことに意味がある。
   
    空き家ガーディアンズではお庭の手入れの時間は敷地の広さにかかわらず毎月60分または90分と定められています。
    1人の人員で60〜90分作業ですから敷地が広いお家だと毎月敷地全体の草刈りを行なうことはできません。
    敷地を3ブロック程度に分けて月ごとにローテーションしながら草刈りを行ないます。
    ですので敷地は常に雑草が生えていない状態になっているわけではなく、場所によって雑草の生え方にばらつきが出ます。
    外部の方からすると多少不自然に映るかもしれませんが、空き家ガーディアンズではかえってそちらのほうが良いと考えています。
    なぜなら管理業者がきちんと毎月巡回に来て作業を行なっていることを外部にアピールできるからです。
    そのことが近隣住民に安心感を与え、また空き家に対する犯罪行為を抑止することに繋がります。
   
   
  補足. 敷地内除草サービスの作業項目は手作業による草取り、機械による草刈り、植木の剪定、落ち葉の清掃です。
    一般的な大きさの空き家であれば毎月なにかしらの行なうべき作業があります。
    しかし中には、植木が一本もなく、雑草が生えるスペースもかなり狭いという空き家もあります。
    そのようなケースでは毎月作業を行なう必要がありませんので、
    室内定期清掃サービスをオプションに加えて頂ければ年三回までは室内清掃を敷地内除草に振り替えることができます。
    敷地内除草サービスを依頼するまではないが必要に応じて作業を行なってほしいとお考えのお客様につきましては、
    ぜひこちらをご検討下さい。
     
Copyright (C) AKIYA Guardians Group. All Rights Reserved.