空き家・留守宅の管理代行サービス
 
 
 
空き家・留守宅の管理代行サービス
 
 
空き家ガーディアンズ
 
成年後見人の空き家管理
 
空き家ガーディアンズ
あなたの故郷には「財産」と「思い出」をお預かりするプロがいます  
                         
成年後見人の
空き家管理
    空き家の
適正な管理とは
    成年後見人からの
管理委託
    成年後見制度の
相談者へのご紹介
                         
       
  ■成年後見人(法定後見人)のみなさまへ  
       
    空き家ガーディアンズは空き家(以下「留守宅」を含む)の維持・管理を行なう専門業者です。  
    管理のご依頼につきましては、空き家のご所有者様あるいはご親族様だけではなく、  
    成年後見人の方からも積極的に引き受けさせて頂いております。  
       
   
     
  空き家ガーディアンズの特長  
     
     
     
  成年後見人自らが  
  被後見人が所有する空き家の管理委託契約において  
  依頼者(契約者)となることができます  
     
 
       
    高齢化が進む日本において、適正に管理されていない空き家の増加は深刻な問題です。  
    居住されていた住宅が空き家となった原因は様々ですが、  
    その中でも、グループホーム等の施設に入所したが為に空き家となってしまうというケースは  
    私たちが想像している以上に多いようです。  
    資料:施設への入居等の理由によって空き家になる割合についての考察  
       
    平成27年には「空家等対策の推進に関する特別措置法」(以下「空家対策特措法」)が施行され、  
    所有者及び管理者に空き家の管理についての責務があることも明確となりました。  
       
   
     
  空家等対策の推進に関する特別措置法 第3条  
  (空家等の所有者等の責務)  
     
  空家等の所有者又は管理者は、  
  周辺の生活環境に悪影響を及ぼさないよう、  
  空家等の適切な管理に努めるものとする。  
     
 
     
    成年後見人の役割は被後見人の財産管理と身上監護です。  
    財産の管理行為とは、財産を現状において維持し、財産の性質を変更しない範囲で利用・改良を目的とする行為だと認識していますが、  
    かつては被後見人の自宅であった空き家を適切に管理し続けることも広義に解釈すれば成年後見人の役割だと言えるのではないでしょうか?  
     
    しかし実際には、空き家ガーディアンズが行なっているような空き家の維持管理の実務を  
    成年後見人となられた司法書士等の士業の方(※)が行なうことは不可能であるが為に、  
    それらの空き家の維持管理作業は被後見人のお身内の方が行なっているという場合が多いようです。  
    そして、お身内の方の管理が長期化する過程の中で、しだいに適切な管理を行なうことが出来なくなってしまうケースも発生し、  
    それが結果的に放置空き家の増加に繋がっているのではないかと考えています。  
    空き家の適切な管理とは?  
       
    ※=弁護士、司法書士、行政書士、社会福祉士、社会保険労務士、精神保健福祉士、税理士、その他  
       
       
       
 
             
       
    財産である空き家の適切な管理の推進の為にも、被後見人のお身内の方の負担軽減の為にも 成年後見人として空き家の管理を依頼する  
    成年後見人に選任された士業の方は、ぜひ空き家ガーディアンズへの管理委託をご検討下さい。  
    ※詳細につきましては右のボタンをクリックして、次のページにてご確認下さい。  
             
             
    士業の方がご親族自らが成年後見人となる為の申立ての相談をお受けになられた際には、 成年後見制度利用希望者に空き家ガーディアンズを紹介する  
    空き家の適切な管理の為の選択肢の一つとして、ぜひ空き家ガーディアンズをご紹介下さい。  
    ※詳細につきましては右のボタンをクリックして、次のページにてご確認下さい。  
             
       
Copyright (C) AKIYA Guardians Group. All Rights Reserved.