空き家・留守宅の管理代行サービス
 
身内が行なう
空き家・留守宅の維持管理
20のポイント
 
空き家ガーディアンズ
 
空き家ガーディアンズ
空き家管理のプロが教える適正管理  
         
前のページ「冷蔵庫」に戻る   /   次のページ「家財の処分」に進む
         
       
09
 まず最初にやっておきたいこと
湿気対策
 
換気が十分ではない室内では、カビが発生する場合があります。
 
月に一度の室内換気だけでは決して十分だとは言えません。
 
特に、ベタ基礎ではなく布基礎の木造住宅や、
 
密閉性が高く室温が上がりやすいコンクリート造(たとえばマンション)の建物は
 
十分な注意が必要です。
 
 
 
カビの発生要因には室温と湿度が関係しています。
 
そして湿気を吸収しやすい場所にカビは発生します。
 
マンションの空室で畳にカビが発生するケースをよく見かけますが、
 
コンクリートの壁や天井、木質のフローリングや建具は湿気を吸収しにくい為に、
 
室内空間全ての湿気が畳に集中する為に起こる現象です。
 
 
これを防ぐ為には除湿剤を室内全体にまんべんなく置くことが有効です。
 
除湿剤はドラッグストア、ホームセンター等で安価で購入できます。
 
特に梅雨から夏にかけてカビは発生しやすくなりますので、
 
6月、8月、10月、2月の年4回程度、こまめに交換するようにしましょう。
 
各部屋それぞれに置くだけではなく、
 
押し入れやクロゼット内にも設置するようにしましょう。
 
 
 
除湿剤を使用する場合の注意点は、廃棄する時の排水です。
 
除湿剤内の溶液は鉄やステンレスを錆びさせる作用があります。
 
キッチンのシンクでは排水しないこと、
 
またキッチンを使用する場合にはふんだんに水道水を流し続ける等の注意が必要です。


トップページに移動

キーワードタグ
赤水 空き家管理代行業者 雨戸 生垣 
異臭 一般廃棄物収集運搬業者 植木 
植木屋 雨天 屋外 屋内
解体工事 火災保険 家財 家財処分 
カーテン カビ ガラス戸 草刈り ご近所
サビ 失火見舞費用補償金 湿気 
室内換気 蛇口 住宅街 浄化槽 
消毒用エタノール 植栽 除湿剤 
シロアリ 侵入者 水道 水道バルブ 
スズメバチ 剪定 掃除機 
損害賠償
台風  チラシ 賃貸活用 通水 
転送届 電気 凍結防止ヒーター 
ドアクローザー ドアストッパー 道路
庭木
売却 賠償責任保障特約 排水トラップ 
伐採 バルコニー 不法投棄 ブレーカー 
プロパンガス 防犯対策 暴風雨 補助錠 
ホームセキュリティ
 メール便 目的 門扉 
屋根瓦 U字溝 郵便受け
類焼損害補償特約 冷蔵庫 陸屋根
 

空き家関連の法律についての解説
     
  空き家の定義  
  空き家って使っていない家  
  のことじゃないの?  
     
     
  特定空家の定義  
  問題になるのはどんな空き家?  
     
     
  空き家の管理責任  
  空き家の管理責任は所有者だけに  
  あるんじゃないの?  
     

空き家・留守宅の管理代行サービス「空き家ガーディアンズ」の紹介ページに移動
       
前のページ「冷蔵庫」に戻る   /   次のページ「家財の処分」に進む
         
 
Copyright (C) AKIYA Guardians Group. All Rights Reserved.